検索

【解説】FW10 ポドルスキ選手のチャントについて


ご存知の方も多いかとは思いますが、8/5Away柏戦よりドイツ語の歌詞を加えています。

歌詞を見ただけでは抵抗があるかもしれませんが、まずは一度歌ってみて練習してみてください。

ポイントさえ押さえければ意外と子供でも歌えるようになります。

そのポイントについて、広いゴール裏では全ての方にお伝えするのは困難ですので

この場にて解説します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

《解説》

では解説に移ります。

まずはドイツ語の歌詞から

※1 Du bist mein Held, Poldi

schlalala...

※2 Schieß ein Tor für uns, Kobe

schlalala...

Oh Poldi

schlalala...

Oh Poldi

schlalala...

Du bist mein HeldやSchieß ein Tor für unsはドイツの応援シーンではよく歌われるフレーズで

それぞれ、

Du bist mein Held,Poldi

⇒俺たちのヒーロー ポルディ

Schieß ein Tor für uns, Kobe

⇒点を取れ 俺たちのため 神戸のために

という意味になります。

このドイツ語をメロディーに合わせてカタカタ発音すると

※1 ドゥス(トゥ) マァーイン ル(トゥ) ポールディ

※2 ース イン オ フュ ンスコ オオベ

と、なります。

ポイントは赤文字にアクセントをつけハッキリ発音してください。

逆に※1のフレーズにある(トゥ)は消えかかりぐらいの言い方になりますのでハッキリ言うよりは

むしろ言わない方が通じます。

ややこしければ

ドゥー ビス マーイ ヘル ポールディ

としても構いません。

※2はリズムの取り方が少し難しいのですが

シースアイン

トオフュ(またはトーフュ)

そして、Kobeを意識するよりもウンスにコを付けて

ウンスコ

オオベ

と分けて考える方がイメージし易いかもしれません。

   Du bist mein Held, Poldi

schlalala...

   Schieß ein Tor für uns, Kobe

schlalala...

Oh Poldi

schlalala...

Oh Poldi

schlalala...

ドゥス(トゥ) マァーイン ル(トゥ) ポールディ

シャーラー ララララー

ース イン オ フュ ンスコ オオベ

シャーラーラ ララララー

オーポルディ

シャーララー ララララー

オーポルディ

シャーララー ララララー

サポミ音源を参考にしながら練習してみてください。

最後にアクションですが、歌詞部分は拳を突き上げても、掌を広げてもらってもどちらでも良いので

抑揚をつけながら力強く歌ってください。

オー ポルディからはジャンプアクションとなりますので思いっきり飛び跳ねてください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上、解説でした。

ドイツ語はカタカナ読みが通じやすい言語ですので、しっかり歌えたら間違いなく通じますので自信を持って歌ってください。

ドイツ語でチャントを歌うのは神戸では初の試みでありハードルが高く感じるかもしれません。

しかし、ポドルスキ選手も慣れない日本の文化、言語に馴染もうと努力しています。

たった2フレーズだけかもしれませんが、我々が彼の母国語で歌うことによって、彼が感じる喜びは特別なものとなるはずです。

歌詞の持つ力を信じてポドルスキ選手に伝えていきましょう。

スタジアムに、そして世界に『神戸』のポルディチャントを響かせましょう!!

以上、よろしくお願い致します。

S.U.K.F.サポーター連合


4,199回の閲覧

最新記事

すべて表示

【INFO】「神戸讃歌を歌う動画大募集!みんなで歌って選手とトモニ闘おう!!」について

7月4日のJ1リーグの再開に向けて、この度、クラブとサポーターの共同企画として、「神戸讃歌を歌う動画大募集!みんなで歌って選手とトモニ闘おう!!」を実施することになりました。 私達サポーターにとって、神戸讃歌は唯一無二のアンセム。 いかなる時も共にあり、私達ファン、サポーターが歌い継ぐものだとの強い想いがありましたので、サポーター連合としましては、神戸讃歌をサポーターが参加できる形式で構想したとこ

本ホームページに含まれる画像、コンテンツの無断転載、無断使用を禁止いたします。