検索

【INFO】ホームゲーム開催時の感染症予防対策における応援について

本日、クラブより新型コロナウイルスをはじめとする感染予防および拡散防止を目的とした各対策が発表されております。

https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/17240.html


その対策項目において、接触や飛沫感染防止を目的に、応援に関する禁止事項が含まれており、歌、チャント、肩組などの応援行為、また応援道具(旗、鳴り物、メガホン)の持ち込みが禁止となっております。


クラブと話し合った結果、発声する歌応援は控え、つきましては、拍手・手拍子を中心とした応援で対応することとなりました。


素晴らしい戦いをみせる選手達を歌って応援したい。ホーム開幕を楽しみにしている多くのファン、サポーターの皆さんと私達も同じ気持ちです。


しかしながら、新型コロナウイルスの拡大が予測される中、クラブは非常事態という強い認識であり、選手、ファン、地域の予防に努める以上、優先すべきこの取り組みに我々サポーターも協力することが大切です。


一方で、そのルールの中で選手を後押しできる応援があるなら、知恵を絞り模索し実現していきたいと思っています。


今できる事は、可能な範囲で手拍子となりますが、どうかご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。


この状況は、国内外、そして関西や神戸でも刻々と変化していくことが予想されますので、

新たな動きがあれば、皆さんと共有し共に対応していきたいと思います。


そして、一日も早い事態の収束と、チャントが響くいつものスタジアム風景に戻ることを願っています。


ACLを含めた日程変更はもちろん、Jリーグや他イベントの対応も注目されます。


この難局を共に乗り越えていきましょう。よろしくお願いいたします。


S.U.K.F.

ヴィッセル神戸サポーター連合

1,562回の閲覧

最新記事

すべて表示

【INFO】手拍子応援について

Jリーグにおいて、手拍子応援の解禁され、神戸では本日9月12日東京戦から適用になります。 まだ、ベースとなる太鼓の使用ができないなど実際の運用課題はありますが、その点を踏まえ、クラブと協議し、選手目線やスタジアム全体での応援の再現性を重視した以下の方法でスタートすることとなりましたのでご案内いたします。 先ず、試合中においてですが、神戸では、これまで試合中にチャント(歌声)を流す方法で応援環境を再

【INFO】「神戸讃歌を歌う動画大募集!みんなで歌って選手とトモニ闘おう!!」について

7月4日のJ1リーグの再開に向けて、この度、クラブとサポーターの共同企画として、「神戸讃歌を歌う動画大募集!みんなで歌って選手とトモニ闘おう!!」を実施することになりました。 私達サポーターにとって、神戸讃歌は唯一無二のアンセム。 いかなる時も共にあり、私達ファン、サポーターが歌い継ぐものだとの強い想いがありましたので、サポーター連合としましては、神戸讃歌をサポーターが参加できる形式で構想したとこ

本ホームページに含まれる画像、コンテンツの無断転載、無断使用を禁止いたします。